アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「旅」のブログ記事

みんなの「旅」ブログ


孤独のグルメ聖地巡礼w

2015/08/17 04:11
東京へ行く用事があったので、ついでに池袋に寄って中国家庭料理楊で、ゴローさんが食べていた汁なし担々麺と焼き餃子を味わってみた。

店は混んでいたけど待たずに座れてラッキー♪

ゴローさんと同じメニューを注文したかったけど、前日の飲み会のダメージが胃腸その他に残っていたので、拌三絲は諦めた。これは結果的に大正解だった。

汁なし担々麺は、心配していたほど辛くはなかったが、想定外のボリューム感が弱った胃腸にはちょっとキツかった。
味は良かったんだけどね。

焼き餃子も非常に美味しかったけど、同じ理由で量的にちょっと辛かった。
そんな訳で拌三絲を頼まなくて正解だった(汗)

また訪れる機会があったら、ベストコンディションで挑みたい。


今回の教訓。


美味しいものを頂く時は体調を整えて。

ゴローさんが食べてるものは、軽く食べてる様に見えても結構な量である。

歳はとりたくないものじゃorz


そのうち、日間賀島にも行かなくては。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コナン・ザ・グレート

2014/09/27 20:49
今日は滋賀県の湖南市にある湖南三山へツーリングがてらに観光してきました。


常楽寺の国宝、本堂と三重塔
画像


長寿寺の国宝、本堂
画像


善水寺の国宝、本堂
画像


中の仏像も国宝級なんだけど撮影禁止なのはまぁ仕方ない。


湖南三山という呼び方は平成の大合併で湖南市が誕生した後に自ら名乗ったんだそうで、湖東三山にあやかったらしい。
そのせいか湖東三山ほどには観光地化されておらず素朴な感じが残っているし、ずっと小ぢんまりしている。
受付のおばちゃん曰く、「30年前は誰もお参りに来なかった」んだそうで、今でもあまりメジャーではないらしい。

んだけど、そういう感じがまた良かったりするんですなぁ。

そうは言っても国宝に指定されてるだけあって、建物も仏像も歴史の重みを感じさせる素晴らしいものであり、グレイトでした。


あと、今日は今までのツーリングの中でも最高のコンディションで、スッゲー気持ちよかったです、やっぱバイクは楽しい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


近況

2014/06/15 23:58
うわ・・・ブログ更新するの久しぶりだな(汗)

えー、事故の後放置していたVTは無事に復活、最近は週末になると天気がいいので乗りまくっています。

今日は長良川の堤防道路を岐阜市から下流へと向かい、長良川と揖斐川の河口近くにかかる伊勢大橋から国道1号線に入ってそのまま桑名市、四日市市、鈴鹿市、亀山市と走り抜けて鈴鹿峠を越え、その後国道307・306・8・21と滋賀県内を走り、岐阜へ戻るというルートを堪能しました。

画像


画像


画像


途中で立ち寄った亀山市の東海道関宿、なかなか良い感じだったので今度またゆっくりと見てみたい。

画像


国道1号線で見つけた怪しげな飛び出し坊や。


実は今月の始めに走った時、両腕が日焼けで大変な事になってしまったので、対策としてライディングジャケットを購入してみたのだけれど、今回のはそのテストをも兼ねていたりするのです。
実際に使ってみると、風通しは良いし日光は遮ってくれるし、今日は気温もそんなに高くなかったのでとても快適でした。
もっと早く買っていればよかったねorz

このジャケットを購入したのが愛知県内にある本田さんのお店だったので、ついでにVTもちょっと診てもらったんだけど、そうしたらチェーンとスプロケット、それにタイヤの寿命が尽きかけていると指摘されました。
で、色々と考えたんだけど、もうしばらくはこのVTに乗り続けたいと思ったので、部品を取り寄せてもらって交換する事にしました。

今日一日走ったけどエンジンはまだまだ元気なので、必要なところはちゃんと直して安心して乗れるようにするよ!
諭吉が数名旅立ってしまうけど、まぁ仕方ないよな。
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


今週のアレ

2010/05/25 22:19
…むぅ、なんか千葉県を旅してみたくなってきた!

大阪や富士山周辺もだけどな!

あっちこっち旅してみたい…その為に時間とお金が欲しい!(涙)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


涼と星を求めて

2009/08/15 01:08
14日は岐阜市の地獄のような暑さから逃れるために、岐阜県北部の高原地帯へエクソダスした。

まずは最初の目的、東海北陸道の鷲見橋の撮影である。

画像


画像


中央の橋脚の高さが118mと、日本一の高さを誇る橋である。
実際に橋を渡っている時はその高さをあまり実感できないのだが、こうして外から見てみると非常に恐ろしい。(汗)


橋の撮影を済ませると、ひるがの高原でその涼しさを堪能した。
いやー、標高が800m以上あるので、日陰にいると涼しくて快適、まさにエアコン要らずなのである。
地獄の様な岐阜市と比べたら別世界、まさに天国と地獄。

その後、荘川で蕎麦を食ってからまたひるがの高原へ戻り、今度は見晴らしの良いところを探して、そこで暗くなるのを待った。

日が暮れてしばらく経つと、頭上には満天の星空があらわれた。
この日のひるがの高原は雲一つない快晴であり、しかも周囲には余計な明かりがほとんど無い、星を見るには絶好のコンディションなのであった。
久しぶりに星空をじっくりと見たのだが、ちょっと感動してしまうくらい見事な星空だった。
天の川もハッキリとわかるし、「星ってこんなにたくさんあったのか!」とあらためて驚いたほどだ。
…だが、一つだけ誤算があった。
昼間あれだけ涼しいと言う事は、夜間になれば更に気温が下がると言う事である。
…実際、車の気温計で18℃くらいまで下がっていたのだが、防寒対策を全くしていなかったので死ぬほど寒かった。
それでも頑張って星空の撮影に挑戦してみた。

画像

北斗七星…死兆星は見えるかな?

画像

南斗六星…もしくはいて座。

画像

さそり座。

画像

最大望遠で木星を撮影…ガリレオ衛星がどうにか写っている。


やっぱりコンパクトデジカメでは無理があるな…
デジタル一眼の良いのが欲しくなってきた!(^^;
ちなみに流星の方は時間が早過ぎたのか、2個くらいしか確認できなかった。

岐阜市に戻って空を見上げると、星の数がどえらく少ないのでびっくり。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


トップへ | みんなの「旅」ブログ

気が向いた時に書く日記 旅のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる